2012年 07月 21日
ヘルタースケルター ★★*☆☆
e0088513_21322865.jpg岡崎京子の同名の漫画が原作だが、私は原作は未読で映画を見た。

映画公開前の場外でのゴシップ報道で必要以上に注目を浴びた感が強く、映画公開自体が一つのイベントになっていて本来の映画が膨らんで見える気がする。

映画は、前半は「しっちゃかめっちゃか」の序盤戦ということでいい雰囲気で進む。

ただ、りりこが壊れ始める後半は、本来ならばそのぶっとび具合に期待が膨らむのだがこれが何とも肩すかし。

もっと突き抜けためちゃくちゃぶりを見せてほしかった。

ラストもやりたいことは分かるが、今一つ見ている側に届いていないように思う。
[PR]

by center_otu | 2012-07-21 21:39 | 映画


<< 緑のカーテン      ひまわり開花です >>