2012年 08月 15日
プロメテウス ★★★☆☆
e0088513_12445427.jpgネタバレで書きます。

この映画は明らかにエイリアン・シリーズの内の1作に位置づけられます。

この作品の物語は、監督リドリー・スコットのメジャー出世作にして大ヒットシリーズ一作目の「エイリアン」の前段部分にあたり、「エイリアン」で探索船が訪れた宇宙船がなぜあのような形で朽ち果て、宇宙人がなぜあのような形で死んでいたかを描き出します。

そう、ちょうど「遊星からの物体X」と最近日本でも公開された「ファーストコンタクト」のような関係です。

最近、ハリウッドでは似たようなコンセプトの映画が固めて作られる傾向があるようですね。

宣伝では人類の起源を前面に出しており、確かに途中までそれを求める旅になっていはいるのですが、後半は一気にエイリアン側に傾き、ラストはついに登場です。

結局、人類の起源は他所へやっておいてエイリアンの起源を描き出すとはこれいかに!?

このラストには私の周りの席の観客の方々も脱力していた人がたくさんいたようです。

映画作品の価値は宣伝に影響を受けるところは大きいですし、エイリアン・シリーズの新作として宣伝してもみんなDVDに流れるだけでしょうから、宣伝する側としてはそれは避けたかったのでしょうね。

想像の限界を超えた新たな世界が見れるかもしれないと思って本作に足を運ぶ人は多いかもしれませんが、オチは30年以上前から何度も繰り返し焼き直されてきたヤツだというのは、映画ファンであればあるほどがっかりでしょう。

わずかな希望としては、人類の起源を探る旅を続けるという続編を期待したいところですが無理でしょうな。
[PR]

by center_otu | 2012-08-15 13:02 | 映画


<< 道頓堀「精霊流し」が中止      ダークナイト ライジング ★★★★☆ >>