「ほっ」と。キャンペーン
2012年 09月 08日
るろうに剣心 ★★*☆☆
e0088513_7183365.jpg原作は未読だが、佐藤健の演技を見ていると、子供のような口ぶりとその対極になる殺人鬼としての顔の二面性のギャップの際立たせ方といった、日本の漫画(アニメ?)によくあるような世界観を表現しているように感じた。

史実を背景にしているだけに、このような世界観、剣心像は、自分としては実写映画ではなんとも心もとなく見えてしまう。

佐藤健のみならず、武井咲らほかの俳優陣も含めてだが、彼らが演じているのは明治初期の日本人ではなく、やはり現代の日本人像ではないだろうか。

自分の好みとしてはもっとリアリティあるハードボイルドっぽい感じで作ってくれたらよかったのにと思ってしまった。

人気の高い原作ということで、そのファンのイメージは尊重しないとだめなのかもしれないけれど。

ワイヤーアクションを使った殺陣は今までにないスピード感と迫力が出ていて素晴らしかったと思う。
[PR]

by center_otu | 2012-09-08 07:18 | 映画


<< 目標心拍数の設定      アベンジャーズ ★★★☆☆ >>