カテゴリ:日常( 89 )

2012年 07月 14日
焼肉 龍苑
e0088513_227644.jpg
久々に行ってきました。

17時オープンなので16時45分に行きましたが、なんと既に5、6組列に並んでいました。

そのうちの一つは10人様ということで、開店時にはちょうど満席。

駐車場が無くなっていて近くのコインパーキングに止めなくてはならなくなったのが残念なところです。

肉はいつものように塩タンとハラミを中心に攻めて大満足で帰りました。

ここの塩タンを食べてしまうと他の店では物足りなくなってこれを食べに舞い戻ってきてしまいます。


川崎区といえばセメント通りを始め、焼肉屋が多いですがここは地元の人間が一番というお店です。

おすすめはこの塩タンとハラミ。

あまり遅くいくと売り切れていることがあるので注意です。

予約は出来ないので直接お店に行ってひたすら並びます。

龍苑
神奈川県川崎市川崎区渡田4-6-9
[PR]

by center_otu | 2012-07-14 22:19 | 日常
2012年 06月 12日
PC買い替え
e0088513_6123155.jpg
パソコンを買い替えた。

およそ9年ぶりである。

XPからVistaをすっ飛ばしてWindows7だ。

この夏にはWindows8が出るという話だが、普段使いでもメモリの少なさからちょくちょくフリーズするのでもう待ってられやしないということで買い替えである。






HDが15GBの前のVaioから今回は1TBのHD搭載のDELLへの変更だが、今度は何年のつきあいになるだろうか。
[PR]

by center_otu | 2012-06-12 06:19 | 日常
2012年 05月 30日
陳麻家
e0088513_22122788.jpgここは、自分が坦々麺にハマるきっかけになった店、陳麻家

全国的なチェーン店ではあるが、ここ銀座三丁目店しか入ったことがない。

味は、唐辛子も山椒もすごく効いていて普通にすごく辛い。

でも、2回3回と病み付きになる美味さなのだ。

やはりお勧めは坦々麺セットかな。

もうひとつの看板メニューである陳麻飯も絶品で、お店のメニューに解説しているように「三度、陳麻飯に出会うとき 人は食欲を促す四川山椒の奥に宿る旨みを堪能し、やがて恋に落ちるがごとく、味覚の虜となる。」のである。
[PR]

by center_otu | 2012-05-30 22:16 | 日常
2012年 05月 03日
亜寿加
e0088513_23573789.jpg渋谷で坦々麺といえばここというくらい有名な店なんだそうな。

自分は知らなかったけど。

で、今回初めて入ってみた。

中はカウンターだけだが、余裕ある作りで綺麗だった。

注文したのはここの看板メニューでもある排骨坦々めん(950円)。

でも、正直なところ、味の方は自分としては、陳麻家、香屋には及ばずといったところ。

スープを全部飲み干そうとは思えなかった。


亜寿加(あすか)
渋谷区桜丘町2-11
03-3461-3383
11:00 ~ 23:00 日祝休
[PR]

by center_otu | 2012-05-03 00:02 | 日常
2012年 04月 30日
香屋 新代田店
e0088513_18441767.jpg少し前に某テレビバラエティ番組で紹介されていた坦々麺を食べてきた。

普通のラーメンだったらスルーするところだが、坦々麺と聞いてチャレンジせずにはいれなかった。

自分の中で坦々麺といえば、陳麻家がずっとトップの座を占めていて、これを超えるものかどうか確かめずにはいれなかったのだ。

今回行ってきた香屋もチェーン店ではあるが、そのテレビ番組で薦めていた新代田店まで足を伸ばしてみた。

お店に着いたのは14:00頃だったが、テレビの影響か店の外には10人くらいの行列。

のぼりも出していて「汁なし坦々麺」が看板メニューのようだったが、ここはオーソドックスな「鬼・坦々麺」をオーダー。

店のメニューの中では辛い方に入るメニューだが、陳麻家と比較しても同等の辛さの坦々面だったと思う。

味は、山椒の風味が強く、舌がしびれる感じが陳麻家よりも強く感じた。

でも、スープも飲み干して完食。

結論として、香屋は陳麻家と同系統の味だが山椒が強め、でも、陳麻家を超えるものではないといったところ。

あと、陳麻家は坦々麺は一種類だが、香屋は汁なし坦々麺、青鬼・坦々麺とバリエーションがあるので、まだ色々楽しめそうだ。
[PR]

by center_otu | 2012-04-30 18:57 | 日常
2012年 04月 08日
ついに携帯電話購入
e0088513_6314124.jpgDOCOMOのSO-03Dである。

スマホである。

前の5年以上付き合った携帯を2月の雪の日に無くして以来、ツレの携帯を借りていたが、いい加減購入したという次第。





少し使った感じだとカメラがよろしいな。
[PR]

by center_otu | 2012-04-08 06:31 | 日常
2012年 02月 26日
別府~博多旅行(3)
e0088513_23495279.jpg
国宝の臼杵石仏群。

ホキ石仏第二群


e0088513_23501256.jpg
古園石仏

どの石仏も予想以上に迫力がありました。

石仏群の周りはのどかな田園風景。
景色を見ても癒されます。



e0088513_23503161.jpg
由布岳



e0088513_23504887.jpg
金鱗湖



e0088513_23511747.jpg
太宰府天満宮



e0088513_23513479.jpg
天満宮の梅はまだ咲き始めたところでした。



e0088513_23515375.jpg
博多中洲

この辺は都会ですな。

屋台が並ぶところでは、韓国人旅行客が写真を撮りまくってました。


e0088513_2352623.jpg
屋台では、焼きラーメンにチャレンジ。

味はどこが「焼き」?という感じでした。


e0088513_23522320.jpg
福岡タワー

入場料800円。
夜行くと夜景がきれいだと思う。

ここも韓国人旅行者がたくさん。


[PR]

by center_otu | 2012-02-26 23:52 | 日常
2012年 02月 26日
別府~博多旅行(2)
e0088513_23213357.jpg
別府湾。

この日の早朝はガスで真っ白になって視界がなかったが、徐々に海まで開けました。



e0088513_23214922.jpg
鉄輪温泉


e0088513_2322453.jpg
天然記念物 坊主地獄。

地獄めぐりのものとは別物らしい。


e0088513_23223084.jpg
ここから別府名物地獄めぐり

まずは、海地獄。

青い。なんかすごい青いです。


e0088513_23225621.jpg
海地獄で作ったという蒸しプリン。

普通においしいです。



e0088513_23231523.jpg
鬼石坊主地獄


e0088513_23234556.jpg
山地獄


e0088513_23241699.jpg
白池地獄


e0088513_23244572.jpg
血の池地獄

思っていたよりずっと赤かったです。
まさに血の池。


e0088513_23245824.jpg
「血の池」のイメージとは違って、観光用に施設は新しくきれいにされているようだった。


e0088513_23251351.jpg
血の池ぷりんは赤ワインのゼリーが載っていて、プリン自体にもワインが混ぜられている。


e0088513_23253017.jpg
龍巻地獄。

いわゆる間欠泉である。
間隔は30~40分なのでタイミングが悪いと待たなくてはいけない。


[PR]

by center_otu | 2012-02-26 23:26 | 日常
2012年 02月 26日
別府~博多旅行(1)
2月22日~25日の間、別府~博多旅行に行ってきました。

e0088513_23174480.jpg
大分空港についてからまず最初に訪れたのは、国東半島は熊野磨崖仏。

写真は熊野磨崖仏へと続く石段。
鬼が一晩にして99段積み上げたという急勾配の石段だ。

階段と呼べるほど整っていないので、手すりにしがみつきながらよじ登る感じ。
行った日は霧がたち込めていて、降りるときは滑らないようひやひやしながら降りた。


e0088513_2014990.jpg
熊野磨崖仏

平安期の作。
左は不動明王、右は大日如来。


e0088513_20142415.jpg
別府駅近くの竹瓦温泉。

明治12年築といわれる銭湯だが、普通の湯船の風呂と砂湯がある。

ここでは砂湯を初体験。
砂湯(砂風呂)はどのようなものか頭では分かっていても、何とも言えないはじめての妙な感動を味わえた。


e0088513_20144210.jpg
別府タワー

・・・バランスが微妙な感じ。



[PR]

by center_otu | 2012-02-26 20:21 | 日常
2012年 01月 15日
初詣
寒川神社です。

e0088513_2252479.jpg
今年の迎春干支ねぶたは「開運 五行の龍」

e0088513_22522884.jpg
鳥居も橋の欄干も新しくなっていました。
[PR]

by center_otu | 2012-01-15 23:03 | 日常