<   2006年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2006年 10月 29日
16ブロック ★★★☆☆
e0088513_22143355.jpgブルース・ウィリス老けちゃったな。
そういう役どころではあるが、以前ほどのアクションシーンはこの映画に登場しなかった。

ありきたりのストーリーと言えばそうなんだけど、それなりに面白かった。

アル中寸前で世捨て同然の態度をとるこの主人公は、そのキャラクターのためにかえって行動が読めない。

絶体絶命の窮地に陥っても次が読めずにドキドキする。

アクション映画というよりはサスペン色の強い映画。
ある意味、宗教色もあって、アル・パチーノ主演の「インソムニア」を髣髴とさせる。
[PR]

by center_otu | 2006-10-29 23:12 | 映画
2006年 10月 29日
酸素水 OXYGIZER
酸素水OXYGIZERを飲んでみた。

OXYGIZERの酸素溶融率ははこの前飲んだOXYGEN O2の15倍に対して30倍。

値段も一本400円。
今回は1本200円で売っているサイトを見つけたのでそちらで購入。

賞味期限はキャップに記載とあったので、キャップを見てみると「21.06.06」とある。
賞味期限切れか?!

とりあえず見なかったことのして飲んでみた。
水だ。
味も香りもない水。

ただ、硬水のせいかあまり一気に大量に飲めない。
口当たりと言うかのど当たりがあまりよろしくない。

効果のほどはまた後ほど。
それにしても賞味期限が気になる。
[PR]

by center_otu | 2006-10-29 18:40 | 健康
2006年 10月 23日
酸素水 OXYGEN O2
巷で噂(?)の酸素水を飲んでみた。

今回飲んだのはOXYGEN O2
銀座ソニープラザの売り上げランキング上位にも入っているらしい。
というか、ここ以外に売っているところを自分は知らない。
ソニープラザでも、地下のカウンター横の小さな冷蔵庫にちんまりと並んでいる。

水だと思わずに飲めばそれなりにおいしいかも。
酸素が入っているのに、炭酸も入っている!

しかも、レモンフレーバー、アップルフレーバーも売っている。
レモンにしろアップルにしろ、ここまでくれば、ジュースですな。
味自体はあまり強くないので、スポーツドリンクとして飲むには最適かも。

何らかの効果を期待するには、ある程度飲み続けなければいけないんだろうなあ。

この酸素水のHPには飲んだ人の感想が書かれていて、頭がすっきりしたなどとあるが、きっとプラシーボ効果だな。
[PR]

by center_otu | 2006-10-23 22:01 | 健康
2006年 10月 23日
幸福のスイッチ ★★☆☆☆
e0088513_19594344.jpg和歌山のとある電気屋を舞台にした、最近ブレイク中の上野樹里とお久しぶり沢田研二主演のドラマだ。

さすがに、ジュリ&ジュリーという宣伝文句は使われていなかった。

上野樹里といえばいつも元気で笑顔を振りまく役どころが多いという印象だが、この映画ではひたすらすねまくり、悪態をつく。
見ていてこちらも気分を害するほどだ。

ストーリー展開ものんびりを通り越してひたすら平板な調子。

その上、みんな和歌山弁がうまくない。(和歌山県田辺市の全面的なバック・アップを受けているとの事なのに。)

ありがちな展開ではあるが、ジュリー演じる父親の都会生活では見失いがちな心使いの細やかさと期待していなかった本上まなみの美しさがこの映画の救い。
[PR]

by center_otu | 2006-10-23 20:14 | 映画
2006年 10月 21日
佐賀のがばいばあちゃん ★★★★★
e0088513_20214817.jpg 『佐賀のがばいばあちゃん』 島田 洋七著、2004 徳間書店

物質的繁栄やら競争やら関係ない、人間と人間のつながりのすばらしさ、重要性を改めて思い起こさせてくれる。

この本を読めば、多少の悩みなんてばかばかしく思えてしまう。
[PR]

by center_otu | 2006-10-21 20:29 |
2006年 10月 21日
ブラック・ダリア ★★☆☆☆
e0088513_19371933.jpgメリハリなく展開していくストーリーにうんざり。

ところどころデ・パルマらしい演出が垣間見れるが、全体として単調で冗長な印象しか残らなかった。

それまでの単調さのせいで謎解きの段階に入ってもインパクトを感じられない。

女優陣にしてもミスキャストではないだろうか。

ヒラリー・スワンクが主人公にとって今までに見たことのないほどの美女という役どころだが、スカーレット・ヨハンソンの方が綺麗で妖艶な雰囲気をかもし出している。

単に好みの問題と言われればそれまでだが、このせいでストーリーの説得力が半減していると思った人は少なくないと思うのだが。。。
[PR]

by center_otu | 2006-10-21 19:52 | 映画
2006年 10月 11日
ワールド・トレード・センター ★★★☆☆
e0088513_2053325.jpg死を目の前にした人間が見つめるこれまでの人生、求めるもの。

そして、ほかの人に自分は何をしてあげることができるかを問う。

別に9.11を題材にしなくともと思うが、単純に感動した。


自分の場合、9.11のときはテレビで飛行機がWTCに突っ込んだと知って、どうせ小型機が操縦ミスでもやらかしたんだろうと思った。

映画でも描かれているが、最初はWTC間近にいた人たちも同様に考えていたようだ。

映画ではテレビで放映されていた遠景とは違い、間近で炎を上げているビルに対する恐怖感がひしひしと伝わってくる。
そのビルの中へ救助に向かうときにふりしぼる勇気の大きさを感じずにいられなかった。
[PR]

by center_otu | 2006-10-11 21:04 | 映画
2006年 10月 09日
にんにく注射の効果はまだ
まず最初に、抜け切れなかっただるさが無くなった。

いつもどおりに働いていても、普段ほどには疲れていないことに気づく。

ドラッグではないのですっげー爽快とか、効果に驚くという訳ではないが、よくよく見てみるとちょっと健康になった気がする。

忙しくなったときこそが本領発揮のようなので、まだ本格的に忙しくならない今は微妙な感じ。
[PR]

by center_otu | 2006-10-09 21:14 | 健康
2006年 10月 04日
にんにく注射
8月、9月と猛烈に忙しく、先週に入ってからようやく一段落ついた。
休暇もとって休養も十分なはずなのに、なんだか疲れが抜けきれない。
来週から上期決算で忙しくなるというのに。
そこで、巷で話題のにんにく注射を打ってもらうことにした。

最近はいろんな病院で打ってくれる様だが、にんにく注射で一番有名な六本木のクリニックへ。

都心の個人開業のお医者さんということで小さな町医者をイメージしていたのだが、結構洗練された感じの綺麗な所だった。

今回初めてということで、内科の先生の問診からスタート。
「にんにく注射」といっても実際はビタミンB群主体の注射で、普通に摂取していれば何も打つ必要はないとのこと。

言われてみれば、そりゃそうだ。
自分もにんにく注射にある意味万能感を抱いていたが、そうではないと心の中で諌める。

別料金でビタミンCも入れることが出来ると言われたが、今回は遠慮してスタンダード・タイプにしておいた。

問診を終わると、もうひとつ別の診察室の待合室へ。
そこは洒落たレストランの待合室のような雰囲気。ここだけ見てると病院とは思えない。

自分より後に来た人がどんどん診察室へ入っていく中で、なかなか自分の名前は呼ばれない。
初診は後回しなんだろうかなどと思っていると、その人たちは診察を終えて帰っていってしまった。
さらに暫くして、ようやく看護婦さんの呼ぶ声が。

いそいそと診察室へ入っていくと今度は誰もいない?!

すると、奥から院長先生らしき人が笑顔で登場。
院長先生自ら打ってくれるのか?などと思っていると、院長先生の後ろに続いてキムタク登場。

一瞬固まってしまい、看護婦さんが奥から顔を出して「そちらにお掛けください。」という声も上の空で聞いて着席。

キムタクは微熱があって調子が悪いみたいだった。(病院で出くわすんだから元気がないのは当たり前だが。)
二人の会話を横で所在なく聞いている自分はなんか妙な感じだったが、やがて、院長先生と別室のほうへ消えて行った。

で、看護婦さんによるにんにく注射である。(やっぱり!)
にんにくのにおいがあるのと無いのとどちらにするかと聞かれたので、会社で働く身として無い方を選択。
製剤会社が違うだけで効果は同じらしい。においがする方が効果を実感できるからにおいありのほうを選ぶ人も結構いるそうだ。(匂いが消えるまで1日かかるらしい。)

実際打ち始めて間もなく鼻の奥と喉ににんにくとは違うが何かうっすらと匂いが漂い始めた。
においありはこれがもっとにんにくっぽい強烈なものなんだろうな。
スタンダード・タイプとはいえ、にんにく50個分のビタミンB群だ。効果は10日から2週間ほど続くらしい。

今の時点では特にこれといった効果は自覚できないが、もうちょっと様子を見ていこうと思う。


平石クリニック
[PR]

by center_otu | 2006-10-04 22:09 | 健康
2006年 10月 01日
キンキーブーツ ★★☆☆☆
e0088513_12134728.jpg期待はずれ。

約1ヶ月前にも劇場に足を運んだが、満席で入ることが出来なかった。
今回は最終回の上映を見るために昼からチケットを取りに行ってようやく見ることが出来たのだが、がっかり。

イギリス映画だが、面白くない日本映画のようなせせこましさとありきたりの展開。

そもそも編集のずさんさから来る分かりにくい展開がいただけない。

あまり映画を見ない人にはそれなりに面白く感じる映画かもしれない。
[PR]

by center_otu | 2006-10-01 12:23 | 映画