<   2007年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2007年 03月 30日
マルボロ ブレンド No.27
e0088513_2355193.jpgマルボロの新製品。

3月初旬に発売開始だったようだが、全然知らなかった。

自分がいつも吸っているのはマルボロ ミディアムだが、試しに買ってみた。

パッケージのデザインから軽い感じのものかと思っていたが、タールなんかは赤マルボロよりも高い13mg!

ところが、味は赤ほど重くなく、非常にすっきりしていて深みのあるものになっている。


それにしても、これだけ喫煙の弊害が叫ばれ、禁煙エリアも広がっている流れの中で、こんなにきついたばこを販売する意図は何だろうか。


ブレンドNo.27  タール 13mg、ニコチン 1.0mg
ミディアム   タール  8mg、ニコチン 0.7mg
ライト      タール  6mg、ニコチン 0.5mg
メンソレ ライト  タール  8mg、ニコチン 0.6mg
[PR]

by center_otu | 2007-03-30 23:58 | 日常
2007年 03月 27日
ブラックブック ★★*☆☆
e0088513_1842288.jpg第二次世界大戦中のオランダ。
ナチスの迫害に抵抗するレジスタンスの活動に身を投じた女性の物語。

「氷の微笑」、「インビジブル」のポール・ヴァーホーヴェン監督がオランダに戻って撮った作品だ。

脚本は事件を絶え間なく起こして見るものをあきさせないよう工夫しているのがよくわかる。

でも、最初のうちはそれなりに緊張感を持って見てられるのだが、あまりに話の展開が多くて逆に最後のほうは飽きてしまった。

それに、最初から主人公の女性の肌を不必要に露出させすぎじゃない?

特に後半は演出も手を抜きがちで緊張感が損なわれている気がする。
144分の長編を気にしてか、最後のほうは編集もなおざりな感じが強い。
[PR]

by center_otu | 2007-03-27 18:18 | 映画
2007年 03月 25日
蟲師 ★*☆☆☆
e0088513_15224748.jpgこの映画が海外でプレミア上映され、反響が大きかったことに対してオダギリジョーが「(この映画の)どこがいいのか分かりません。」みたいな事を答えていた記憶がある。

私もオダギリジョーの意見に賛成だ。

確かにそれぞれのカットの絵は綺麗だし、CG処理も及第点だ。

でも、それだけ。

この監督は幻想的で綺麗な絵を実写で撮ることだけに注力しているようにも見える。

そのせいか、映画としては全くもって退屈。

ひたすら退屈。

もし、家でDVDで見たなら最後まで見れなかったろうと思う。
[PR]

by center_otu | 2007-03-25 15:32 | 映画
2007年 03月 20日
鴨志田穣氏死去 フリーカメラマン
Excite エキサイト : 社会ニュース

e0088513_21193177.jpg
鴨志田氏といえば、漫画家西原理恵子の元だんな(再婚済み?)で彼女の漫画にもよく登場する。

死因は腎臓がんだそうだ。

漫画を通してしか知らないが、なんかショックだ。

黙祷。
[PR]

by center_otu | 2007-03-20 21:17 | ニュース
2007年 03月 19日
ナイト ミュージアム ★★☆☆☆
e0088513_2332674.jpgありきたりで目新しさはない。

アフリカの動物の大群とロビン・ウィリアムスという「ジュマンジ」そのままの組み合わせなんかはやめて欲しかったな。

映画ももう、一世代分回転してしまったということか。

子供たちにはそれなりに受けると思うが、80~90年代にこの手の映画を見まくっていた自分としては退屈にしか思えなかった.

色んな映画の要素を少しずつ大量に寄せ集めて詰め込んだ感じだ。

それぞれの描写もとおり一辺倒で中途半端。
[PR]

by center_otu | 2007-03-19 23:40 | 映画
2007年 03月 18日
「休日に寝だめ」は逆効果

「休日に寝だめ」は逆効果-働く人の睡眠調査

休みの日に遅くまで寝ている人ほど、不眠や抑うつを訴える割合の高いということだ。

自分の場合、休みの日は平日と同じくらいに起きるのだが、昼寝をよくする。

うつ病予防に快眠・・・とにかく体内時計を狂わせるのはまずいということ。

なので、昼寝をとりすぎるのもあまりよくないということか。



休日の寝だめは逆効果・・・アメリカの研究結果
[PR]

by center_otu | 2007-03-18 15:03 | ニュース
2007年 03月 15日
禁煙の波
アメリカがいかにもアメリカっぽく、ヒステリックに禁煙運動をやっているのは有名な話。

ヨーロッパでもその波が押し寄せている。

そして日本も。

喫煙家の立場から言わせてもらえば、これ以上は禁煙化は進んで欲しくないな。

今くらいがいい感じじゃないだろうか。

結構、タバコのもつ害の認識も広まったじゃん。


一方、今でも中国ではどこでも吸い放題なんだそうな。

不思議なことに、そういうニュースを見ると遅れてるなあなどと思ってしまう。



ルクセンブルク

中国

アメリカ
[PR]

by center_otu | 2007-03-15 21:56 | ニュース
2007年 03月 13日
<タミフル>中外製薬、厚労省班長の講座に毎年150万円

<タミフル>中外製薬、厚労省班長の講座に毎年150万円 : 社会ニュース

必要以上にタミフルを悪者にしようとマスコミが躍起になっているような気がする。

タミフルを飲んで一発でインフルエンザが治った私としては、なんとも複雑。

タミフルを服用して転落死した人の家族なんかは、気が気ではないんだろうな。
[PR]

by center_otu | 2007-03-13 23:39 | ニュース
2007年 03月 12日
パフューム ある人殺しの物語 ★★★★☆
e0088513_2205255.jpg先に原作を読んで映画を見た。

そのせいなのかどうかは分からないが、違和感なく楽しめた。

彩り鮮やかな映像と美しい旋律の音楽が印象的。

最初から最後まで緊張感が保たれ、飽きることがなかった。

映画は原作の小説に忠実に作られている。

クライマックスとラストも小説のままだ。

原作を読んだときには、???のクライマックスも先にストーリーを知っているせいかすんなりと受け入れられた。

映画しか見ていない人はどのように感じただろうか。

ところで、バルディーニ役をダスティン・ホフマンが演ったのは、匂い~鼻つながりでのキャスティングだろうか。
[PR]

by center_otu | 2007-03-12 22:14 | 映画
2007年 03月 10日
ゴーストライダー ★★*☆☆
e0088513_23165570.jpg期待せずに見に行ったが、それなりに楽しめた。

キャラクター設定等はいかにもアメコミ調でぶっ飛んでいるが、脚本・演出は思ったより丁寧だ。

ここまでやられれば、見ている方もついていくしかない。

ニコラス・ケイジも頑張っている。

また、悪役の演出がバンパイヤものを踏襲していて、彼らの登場が映画にいい緊張感を与えている。

ライダーつながりということでか、「イージーライダー」のピーター・フォンダがメフィスト役で登場。

ラストは続編をほのめかすような終わり方だが、全米興収ランキングでも初登場1位を獲得している作品だけに、続編もあながち無いという訳でもなさそうだ。
[PR]

by center_otu | 2007-03-10 23:34 | 映画