<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 27日
ダレン・シャン ★★★☆☆
e0088513_2252311.jpg世界的なベストセラーとなった小説の映画化。

「トワイライト」のような映画なのかと一抹の不安を覚えながら見に行ったが、テンポのいい展開が見事でそれなりに楽しめた。

吹替え版しか上映されていなかったので吹替版で見たが、LILICOのアテレコは下手すぎて興ざめ。

渡辺謙は奇妙なメイクを施しながらも相変わらず存在感がある演技で目を引いていた。

ウィレム・デフォー、サルマ・ハエックと90年代にピークを迎えていた俳優がそろっていたが、彼らもそれぞれいい雰囲気を醸し出していた。

主役の少年は無味無臭な感じだったが、もうちょっと個性的であっても良かったんじゃないかとも思う。
[PR]

by center_otu | 2010-03-27 23:04 | 映画
2010年 03月 27日
シャーロック・ホームズ ★★*☆☆
e0088513_22381058.jpgドタバタして落ち着かない映画。

ジュード・ロウのDr.ワトソンがホームズを食っていてバランスも悪い。

ロバート・ダウニーJr.とジュード・ロウの役どころが逆でも良かったんじゃないだろうか。

原作を読んだことはないが、タフな武闘派のホームズはいかにも現代のドラマ作家たちが好みそうな設定で、英国紳士的な雰囲気を持つ従来のダンディなホームズ像とは乖離していてあまりにも軽くなってしまった気がする。
[PR]

by center_otu | 2010-03-27 22:45 | 映画
2010年 03月 14日
第82回アカデミー賞
今年のアカデミー賞は自分としては今ひとつ。

いつも日本公開前に賞が決まってしまうので未見の作品も多いけど、今年は主要作品が先に公開されていたと言うこともあるけどね。


第82回アカデミー賞 主な受賞作

作品賞ハート・ロッカー
監督賞キャスリン・ビグロー
撮影賞アバター
脚本賞ハート・ロッカー
長編アニメーション賞カールじいさんの空飛ぶ家
外国語映画賞瞳の奥の秘密
主演男優賞ジェフ・ブリッジス|クレイジー・ハート
主演女優賞サンドラ・ブロック|しあわせの隠れ場所
助演男優賞クリストフ・ヴァルツ|イングロリアス・バスターズ
助演女優賞モニーク|プレシャス
[PR]

by center_otu | 2010-03-14 13:25 | 映画
2010年 03月 14日
ハート・ロッカー ★★★*☆
e0088513_12475586.jpgこの映画では数多くのエピソードが描かれているが、どれも息をつかせないピリピリした緊張感がみなぎっている。

映画の世界に引きずり込まれ、戦争の恐怖感と緊迫感を嫌が応にも共有させられてしまう。

しかしながら、こういった所はこの映画が初めてというわけではない。

このような世界観を描いている映画はすでに多く存在し、戦争中毒のキャラクターは日本の漫画の世界でも昔から描かれている。

映画の緊張感はすばらしいが、目新しさはなく、一歩間違えば日本では単館上映で埋もれてしまうような作品ではないかとも思えてくる。

現代のアメリカに深い影を落とす戦争を描いているこその映画だからだろうか。


アカデミー賞作品賞、監督賞他6部門受賞作品。
[PR]

by center_otu | 2010-03-14 13:00 | 映画
2010年 03月 07日
しあわせの隠れ場所 ★★*☆☆
e0088513_1115765.jpgこれまたオーソドックスなつくりの映画。

映画の最後部分は「インビクタス」とまったく同じであくびが出た。

実話を元にして作るとどれもこんな風になるのかもしれないが、近いうちに同じような作りの映画を見るとさすがに嫌になってしまう。

そもそも、アメフト選手のマイケル・オアー自体日本では有名でないことからも、彼の悲惨な過去も成功した彼との対比で見れない分、平凡なドラマとしてしか受け入れられなかったように思う。

有名な実在の人物を題材にするときには、観客にその人物が周知されていることが前提として作られることが多いと言うことか。

サンドラ・ブロックは肝っ玉母ちゃんを熱演しているが、よくある「肝っ玉」のイメージを超えているわけでもなく、目新しさは感じられなかった。

目を引いたのはSJを演じた子役。

見事にキャラクターを演じていて笑いがこらえられなかった。


サンドラ・ブロックは本作でアカデミー賞主演女優賞ノミネート。作品賞でもノミネート。
[PR]

by center_otu | 2010-03-07 01:23 | 映画
2010年 03月 06日
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 ★*☆☆☆
e0088513_23151826.jpgCGは一級品だけど脚本が残念な出来。

うーん、お子様向けですな。
[PR]

by center_otu | 2010-03-06 23:16 | 映画
2010年 03月 06日
2010年 第33回 日本アカデミー賞
日本アカデミー賞が決まった。
まあ、こんなもんかもね。
当然ながら自分としては『劒岳 点の記』を押していましたよ。

香川照之の最優秀助演男優賞受賞は、最近いろんな映画に出てそれぞれの作品でいい味を出していたので納得です。

私が見た映画ランキング2009


受賞者一覧
◆最優秀作品賞:『沈まぬ太陽』
◆最優秀アニメーション作品賞:『サマーウォーズ』(細田守監督)
◆最優秀監督賞:木村大作『劒岳 点の記』
◆最優秀主演男優賞:渡辺謙『沈まぬ太陽』
◆最優秀主演女優賞:松たか子/『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』
◆最優秀助演男優賞:香川照之/『劒岳 点の記』
◆最優秀助演女優賞:余貴美子:『ディア・ドクター』
◆最優秀脚本賞:西川美和/『ディア・ドクター』
◆最優秀音楽賞:池辺晋一郎/『劒岳 点の記』
◆最優秀撮影賞:木村大作/『劒岳 点の記』
◆最優秀照明賞:川辺隆之/『劒岳 点の記』
◆最優秀美術賞:種田陽平・矢内京子/『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』
◆最優秀録音賞:斉藤禎一・石寺健一/『劒岳 点の記』
◆最優秀編集賞:新井孝夫/『沈まぬ太陽』
◆新人俳優賞:
岡田将生/『ホノカアボーイ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』『重力ピエロ』
水嶋ヒロ/『ドロップ』
溝端淳平/『赤い糸』
渡辺大知/『色即ぜねれいしょん』
榮倉奈々/『余命1か月の花嫁』
志田未来/『誰も守ってくれない』
平愛梨/『20世紀少年<第2章>最後の希望』、『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』
◆最優秀外国作品賞:『グラン・トリノ』(配給:ワーナー・ブラザース映画)

◆協会特別賞:羽田澄子(記録映画作家)、帆苅幸雄(音響効果)、松下潔(背景)、松田孝(衣装)
◆会長特別賞:故 中岡源権(照明)、故 松林宗惠(監督)、故 村木与四郎(美術)
◆会長功労賞:三國連太郎、西田敏行/『釣りバカ日誌』シリーズ
◆協会栄誉賞:故 森繁久彌(俳優)

◆話題賞俳優部門:綾瀬はるか/『おっぱいバレー』
◆話題賞作品部門:『アマルフィ 女神の報酬』
[PR]

by center_otu | 2010-03-06 19:44 | 映画
2010年 03月 04日
B'z LIVE-GYM 2010 "Ain't No Magic"
東京ドームでのB'zのライブに参戦してきた。
入場システムのトラブルで開演は50分遅れだった。
ぴあで、しかも二次販売のS席だったけど舞台ほぼ正面のアリーナ席だった。初のアリーナ席と言うことで始まる前からテンション上がりまくり!
こんな席が取れたのも平日だったからだろうか。2月末からJRの駅に席の配置図まで載せて今回のライブの広告ポスターが貼られているのを見て、空席が目立っているかとも思ったけど、実際はスタンドの上まで超満員。

ライブの豪華な舞台セットと演出はさすがだった。ドームと言うことで花火もなしかとも思っていたけど、そんなのお構いなし。炎吹きまくりの花火上がりまくりだった。

なんと言っても今回の最大の見所は移動するメインステージ!
アリーナを横切って反対側のスタンドの前まで移動する。ライブの中でも移動していたときの3曲の間の盛り上がりは尋常じゃなかった。自分のいたところと稲葉の距離も最も近いときで10mくらいまで接近して大興奮。

2時間超のライブ、すべてに圧倒されて大満足だった。
e0088513_2054197.jpg


セットリスト
Introduction~
DIVE
Time Flies
MY LONELY TOWN
今夜月の見える丘に
PRAY
TIME
TINY DROPS
OCEAN
LOVE PHANTOM
MAGIC
Mayday!
love me,I love you
ultra soul
LOVE IS DEAD
Freedom Train
IT'S SHOWTIME!!
だれにも言えねぇ
MOVE
愛のバクダン
long time no see

-アンコール-
愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
イチブトゼンブ-Ballad Version-
イチブトゼンブ
[PR]

by center_otu | 2010-03-04 20:20 | 音楽
2010年 03月 04日
川崎大師
2月の話ですが地元と言うことで川崎大師にも参拝しました。
e0088513_23583491.jpg

この時期でも結構人で混雑していました。
005.gif
e0088513_23592483.jpg
[PR]

by center_otu | 2010-03-04 00:00 | 日常