「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2011年 07月 23日
ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える ★★★☆☆
e0088513_21554046.jpg多少は覚悟していましたが、予想以上にお下劣で少しばかり引いてしまいました。

指を切り落とすことなんかを笑いに使おうとしているところもちょっと感覚的についていけない部分だった。
[PR]

by center_otu | 2011-07-23 21:55 | 映画
2011年 07月 17日
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 3D ★★★☆☆
e0088513_6433031.jpg長い物語だったが故に恐らくラストはどちらかと言えばありきたりな大円談になるんだろうなあと思っていたのだが、予想外に重い背景が明らかになって、なかなか見ごたえのある幕引きとなった。

一つは、ハリーとヴォルデモート卿との隠された因縁。

もう一つは、スネイプ先生とダンブルドア校長、ハリーの両親との因縁。

一つ目の因縁はおぞましく、それに立ち向かうハリーの勇気は感動的だ。

二つ目の因縁もこれまでの物語の見方を根底から覆うような、衝撃的で長い物語を明らかにする。

惜しむらくは、ハリーの死んだフリと蛇を叩き切った剣の出現の背景が唐突過ぎる印象を受けたことだろうか。
[PR]

by center_otu | 2011-07-17 06:43 | 映画
2011年 07月 10日
SUPER 8/スーパーエイト ★★★☆☆
e0088513_22285668.jpgSuper8というのはコダック社製の8mmフィルムとそのシリーズの8mmカメラのことを言うらしい。

映画では映画祭の名前と言うことになっていたが、コダック主催の映画祭と言うことか。

物語は少年たちの8mm映画撮影を中心に転がっていくが、映画のテーマといい、あまりにもあっさりした雰囲気といい、いかにもスピルバーグっぽい。

J.J.エイブラムスのスピルバーグに対するオマージュという言われ方もしているようだが、スピルバーグの旧作の大ファンなら楽しめることだろう。

物語りもオリジナルのはずなのだが、あちこちに既視感を感じ、目新しさを感じられないのは自分としては残念だった。

宇宙人はもうどんなデザインであろうが、描きつくされた感じで驚きはない。

SF映画も、観客側の世代が一回りしたと言うことでこの辺りのオリジナリティは追求しなくともいいと考えているのだろうか。

ただ、映画中映画の構成は上手く成功していると思う。
[PR]

by center_otu | 2011-07-10 22:30 | 映画
2011年 07月 01日
グアム
グアムに行ってきました。

季節のせいもあるかもしれませんが、非常に湿度が高かったです。
何年か前に行った宮古島を思い出しました。
emoticon-0141-whew.gif
日差しは強かったですが、今の日本とほとんど変わらない気候に感じました。

ビーチにはほとんど人はいませんでしたが、ショッピングセンターはそれなりに人がたくさんいました。
日本人だけではなく中国系?(台湾人?)の人たちが思ったより多かったような気がします。
驚いたのは、韓国人、中国人の若い人たちは一見しても日本人と見分けがつかないこと!
emoticon-0125-mmm.gif

e0088513_23361218.jpgタモン湾のビーチです。

透明感が非常に高く、遠浅のビーチには魚たちがすぐそばまで寄ってきていました。
emoticon-0103-cool.gif



写真は、鞄からカメラを出すなり、あまりの湿度の高さにレンズが曇ってしまいました!



e0088513_23364347.jpgマイクロネシアモールのメイシーズ内ラルフローレンではセール中。

タグの価格も安くなっていましたが、さらにここからモールの割引が10%かかり、為替も83円/$ということで、日本で買う価格の半額以下です。
emoticon-0104-surprised.gif
[PR]

by center_otu | 2011-07-01 23:41 | 日常
2011年 07月 01日
GANTZ PERFECT ANSWER ★★*☆☆
e0088513_23182432.jpg原作は未だ連載が続いているが、「PERFECT ANSWER」と銘打った映画の完結編である。

そういう意味で別作品として楽しみにして見に行った。

原作の10巻辺りから20巻辺りまでの要素を組み合わせて組み上げたこの続編は、見せ方も上手くてなかなかいい所を行っているんだが、いかんせん、原作が結構いい加減なので破綻している部分も少なくない。

刀を使った派手な殺陣は引き付けられるが、スーツの限界の描き方が足らなかったり、死んだ者を生き返らせる対象が曖昧だったりするのは作品自体が緩んだ感じがする。

映画二作だけを見てみても、本作はPERFECT ANSWERにはなりえていないのが残念。

ラストも安っぽい感じがして自分としてはイマイチ。
[PR]

by center_otu | 2011-07-01 23:18 | 映画