「ほっ」と。キャンペーン
<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2013年 01月 31日
1月31日のトレーニング
筋トレ
レッグプレス:100kg X 10 X 3set, 147kg X10 X 3set, 120kg X 10 X 3set
レッグカール: 40kg X 10 X3 set, 60kg X 10 X 3set, 50kg X 10 X 3set
レッグエクステンション: 49kg X 10 X 3set, 98kg X 10 X 3set, 70kg X 10 X 3set

ラン
15分ジョグ
30分ラン(10km/hr=6分/km)最大心拍数177
15分ジョグ

トータル:60分、8.6km

足の筋トレの後のせいか今日のランの心拍数は初めから高めでした。


[PR]

by center_otu | 2013-01-31 23:47 | エクササイズ
2013年 01月 29日
1月29日のトレーニング
今日は時間がなかったのでランのみです。

しかも、「マラソンは毎日走っても完走できない」(小出義雄著)という本を読んだので初めてインターバル走をやってみました。

10分ジョグ
1kmラン(12km/hr=5分/km)最大心拍数:170
3分ジョグ(6.5km/hr=9分14秒/km)
1kmラン(11km/hr=5分27秒/km)最大心拍数:170
3分ジョグ(6.5km/hr=9分14秒/km)
1kmラン(11km/hr=5分27秒/km)最大心拍数:177
10分ジョグ

トータルで45分、6.4kmです。

12km/hrは自分にとっては非常にキツイです!!!


e0088513_11365488.jpg
「マラソンは毎日走っても完走できない」 小出義雄著 角川SSC新書 2009

自分の限界を超えた負荷をかけないとトレーニングにならないというのは、筋トレをやった経験がある人間にとっては当たり前ですが、マラソンにおいても同じであることを改めて知らしめてくれました。

読むと気合いが入ります。





[PR]

by center_otu | 2013-01-29 23:35 | エクササイズ
2013年 01月 26日
ハーフマラソンへのチャレンジ
昨年の秋口から減量を目的にジョギングをして、12月末での目標体重73kgに遠く及ばない75.5kgに終わった。

秋~冬(10月~12月)にかけての走り方は心拍数を130~140においてのジョギングで、1カ月の走行距離は約110kmだった。

スピードは大体8km/hr(キロ7.5分)前後のスローペース、距離も1回7km~8kmだ。

一方、昨年4月に初めてレースに参戦しようと5kmマラソンにエントリーしたのだが、直前に家庭の事情で参加できずにいたところ、同じ大会から2013年の案内が届いた。

最近ゆっくりのペースではあるが、定期的にジョギングをしているので基礎体力は多少ついているだろうし、少しハードな練習をすれば大丈夫だろうとその大会の4月のハーフマラソンに申し込んだ。

それが今から約1週間前のこと。

申し込み以来、練習方法を確認しようとネット上を探し回ったが、そもそもハーフマラソンのハードさの認識が甘過ぎはしなかったかと少し焦り始めた。
emoticon-0107-sweating.gif

10kmマラソンとハーフマラソンは全然違うレースだの、10kmマラソンやフルマラソンは記念参加が多いが、ハーフマラソンはみんなガチなので歩く人なんかいないだの、プレッシャーがどんどん高まってくる。
emoticon-0124-worried.gif
でも、せっかく参加するのだから最大限の努力はしてみようとその記録をブログに残すことにした。

さて、どうなることやら。


[PR]

by center_otu | 2013-01-26 16:12 | エクササイズ
2013年 01月 23日
テッド ★★★*☆
e0088513_2323357.jpg主役の35歳のジョンと同じぐらいの世代のアメリカ人にちょうどハマるようなギャグ満載の映画。

それ以外の人間に当てはまる自分としては、きっとこれってアメリカ人なら大ウケなんだろうなと想像はついても全てについて笑えないのは残念だった。

ほとんどの日本人が「それ以外の人間」ということでか、字幕の翻訳がセリフとはかけ離れてしまっているのはかえって冷めて見てしまい逆効果だと思う。

R15なのだから、この映画が基本的にアメリカ人向けだということは観客のほとんどの人が分かるだろうし、そういう人に対して「くまモン」とか言われてもねえ。。。

ただ、登場する映画のパロディは、まさに80年代以降の作品で、映画マニアなら受けること間違いなしのチョイスだ。(ここは十分すぎるほど楽しめました!)

本人役のノラ・ジョーンズなど脇を固める人たちの豪華さにも驚いた。

テッドは下品だが、ジョンのことを誰よりも理解し、ジョンのためなら骨を折ることを厭わない話せるヤツで、終盤の展開ではテッドのことを愛おしく感じてしまうほどだ。

ジョンが大人になる過程をサポートするテッドはリアル版ドラえもんのように見えなくもないなどと考えたのは自分だけだろうか。
[PR]

by center_otu | 2013-01-23 23:37 | 映画
2013年 01月 19日
初詣2(寒川神社~茅ヶ崎海岸~江の島)
e0088513_20385171.jpg
寒川神社。

今年のねぷたは「国生み『大八州』」。

干支が登場しないテーマで例年とは変わった趣向。



e0088513_2039360.jpg
今年は日程も遅かったせいか、ずいぶん空いていました。


e0088513_2044023.jpg
寒川神社の後は例年のように愛犬たちと茅ヶ崎海岸へ。


e0088513_20393197.jpg
天気が良かったのであまり寒さも感じず快適でした。

ワンコ達もほとんど静かに止まっていることもなく、走りっぱなしでした。


e0088513_20441437.jpg
帰途に就く前には、初めて江の島に行きました。

写真は、江の島から見た富士山。


e0088513_20443435.jpg
江の島で長い行列になっていたえびせんです。

ここは人が多くて驚きました。


左側は、クラゲのせんべい。
[PR]

by center_otu | 2013-01-19 20:50 | 日常
2013年 01月 18日
D・ボウイ、大島渚監督を追悼 「彼の才能の恩恵を受けた」
D・ボウイ、大島渚監督を追悼 「彼の才能の恩恵を受けた」


英ロック歌手、デヴィッド・ボウイ(66)が18日、映画監督の大島渚さん(享年80)が15日に肺炎で亡くなったことを受け、所属レコード会社を通じて追悼コメントを発表した。

【画像】デヴィッド・ボウイが出演した映画『戦場のメリークリスマス』

 ボウイは大島監督の『戦場のメリークリスマス』(1983年公開)に俳優として出演しており「オオシマさんの魂が、この世を去った。彼の才能の恩恵を受けた我々は、今それを惜しむばかりだ」と追悼。“Mr.Oshima”ではなく“Oshima-san”と親しみを込めて故人を偲んだ。

 今月8日に10年ぶり新作(3月発売予定)を発表後も一切取材を受け付けず、コメントも発表してこなかったボウイだが、長い沈黙を破った第一声が大島さんへのコメントだった。

‘Merry Christmas Mr. Lawrence’ director Nagisa Oshima dies at 80

e0088513_22134386.jpg
The Japanese director of the acclaimed World War II prison camp drama “Merry Christmas Mr Lawrence”, Nagisa Oshima, died Tuesday, his son said. He was 80.
Oshima, who had a critical hit with the controversial erotic work “In the Realm of the Senses” which famously contained unsimulated sex scenes, had been ill for some time.

“My father died calmly,” Oshima’s younger son Arata told AFP.

“He was with members of his family, wife Akiko and elder son Takeshi. I wasn’t there. My father had been in hospital since late last year and died of pneumonia.”

The younger Oshima was speaking from his late father’s home in Fujisawa near Kamakura, outside Tokyo.

Oshima’s cinematic career began in earnest in the 1960s with a series of films with political themes, establishing his reputation as a serious director.

Many of his works tackle issues surrounding discrimination or exploring the boundaries of social acceptability.

It was into this latter category that “In the Realm of the Senses” fell in 1976. The sexually explicit portrayal of an affair between a prostitute-turned-hotel worker and her boss was based on a true story.

The couple’s relationship evolves to include elements of sadism and masochism, and ends with the protagonist dead and his genitals severed.

Further worldwide acclaim came with the 1983 film “Merry Christmas Mr Lawrence”, starring David Bowie, “Beat” Takeshi Kitano and Tom Conti.

The movie, based on the writing of Laurens van der Post about his WWII experiences, depicts the shifting relationships of men in a Japanese prisoner of war camp.

Japanese musician Ryuichi Sakamoto wrote the acclaimed score for the film, in which he also starred.
[PR]

by center_otu | 2013-01-18 22:09 | 音楽
2013年 01月 14日
LOOPER/ルーパー ★★*☆☆
e0088513_2381019.jpg脚本が頑張っているのはよくわかる。

殺伐とした生活を続ける今の自分と30年後の自分では、何よりも人を愛するということを知ったということが違っている。

そして、30年後の自分を追いつめていく過程で自分もその愛の素晴らしさに気付き、あのような結末にたどり着く。

ただ、冒頭からスピーディな展開でガンガン物語が進んでいくせいか、そうした抒情的な描写が軽くなっているような気がする。

心理描写ももっと丁寧にやってもらわないと、ブルース・ウィリスがどの映画でもやっているように、とにかく銃をぶっ放すなんてことをやられると、またこれも同じになるじゃーん。

しかして、この映画もこれまでのタイムトラベルものと並立して語られるしかない程度のものになってしまった。

タイムトラベルものの大筋としてはターミネーターと同じで、サイキック・バトルものとしても映像的にXメンを超えられていない。

序盤では先の読めない展開が続くのはよかったが、肝心のクライマックスで先が読めてしまったのも残念だった。
[PR]

by center_otu | 2013-01-14 18:09 | 映画
2013年 01月 14日
冬の爆弾低気圧
午前中から降り始めた雪でこの有様。

風も強くて天気予報ではあまり聞きなれない「暴風雪」の警報が出ました。

e0088513_1631023.jpg

今日、15:00時点の新百合ヶ丘の駅前です。



e0088513_16312197.jpg
Where are we now?

街の様相もすっかり変わってしまいました。

神奈川県とは思えないです。
emoticon-0104-surprised.gif


e0088513_16313599.jpg
明日の朝の凍結が非常に心配。
emoticon-0124-worried.gif
[PR]

by center_otu | 2013-01-14 16:36 | 日常
2013年 01月 14日
デビッド・ボウイが10年ぶりの新曲
復活!!!

もうこの日は来ないと思っていただけに言葉も出ない。emoticon-0123-party.gifemoticon-0140-rofl.gifemoticon-0169-dance.gif

来日はもうしないだろうな。今は静かにアルバムの発売を待つ。。。

デビッド・ボウイが10年ぶりの新曲 アルバムも発売へ
e0088513_1732861.jpge0088513_1715327.jpg


(CNN) 英人気歌手デビッド・ボウイ (David Bowie)が8日、自身の66歳の誕生日に合わせて10年ぶりの新曲「Where Are We Now?」を発表した。3月にはアルバムも発売する。

新曲はボウイ自身が作った。プロデューサーはトニー・ビスコンティ氏。米アップルの音楽配信サイト「iTune(アイチューンズ)」を通して世界119カ国に配信されている。同時に新たなウェブサイトと、トニー・アウスラー監督のミュージック・ビデオも公開した。

アルバムの発売は2003年の「リアリティ」以来で、これが30枚目となる。

ボウイは97年、芸能界で初めて著作権による利益を担保にした債券「ボウイ債」を発行するなど、実業家としての手腕でも知られる。近年は表舞台に姿を見せず、「引退したのか」「体調不良か」といった憶測も飛び交っていた。新曲を発表した理由について、ウェブサイトは「売りたい物があるからではなく、言いたいことがある」からだと説明している。

デヴィッド・ボウイのシングルが30年ぶりで1位に!
デヴィッド・ボウイが英国のシングルチャートで1位になったのは、1983年の「レッツ・ダンス」が最後だった。しかし、10年ぶりにリリースされる最新アルバム「The Next Day」からシングルカットされた「Where Are We Now?」が、1月8日午前5時にiTunesで発売され、24時間以内にiTunesチャート1位になるという快挙を成し遂げた。

また、同曲のPVもYoutubeで20万回以上閲覧されており、このボウイの現役復帰には、レディー・ガガなどの著名人から熱い声援が送られている。

「ベッドに横になってボウイの新曲を聴いている。もう二度と感じることはないだろうと思っていた至福の瞬間。それは、ボウイの新曲を初めて聴く時」とガガがツイートすれば、ボーイ・ジョージは「ボウイの新曲は僕を泣かせる!嬉し涙だ、もちろん」とツイートしている。

ボウイの新曲の宣伝は一切されておらず、唯一の発売告知はツイッターで彼がフォロワーたちに書いた「思いがけなく、隠されてきた秘密に会える」という短いメッセージだけだったが、その数分後には、ボウイ新曲発売のニュースが世界中に広まった。この新曲を含むボウイのアルバム「The Next Day」は3月発売予定だ。【UK在住/ブレイディみかこ】





emoticon-0123-party.gif
[PR]

by center_otu | 2013-01-14 16:21 | 音楽
2013年 01月 05日
2013 初詣 (高津神社、生國魂神社、伊勢神宮)
ええ、今年もたくさん行きました。(毎年ほとんど同じですが。)
まだ、行きます。
清荒神も行きましたが写真はありませーん。
今年も1月1日夜8:00頃車で行きましたが、10分ほど駐車場街でした。
今年は宝塚神社はスキップです。
e0088513_1213734.jpg
高津神社

1月2日の参拝でしたが、昼ごろ少し小雨がぱらついていました。


e0088513_12132624.jpg
生國魂神社

ここは年々参拝者の数が増えているみたいです。

数年前までは正月でもガラガラだったのに、今年はついに前の道を超えて100mほどの行列です。



e0088513_12143026.jpg
伊勢神宮 外宮

今年は1月3日の参拝です。

いつもは、内宮→外宮ですが、今年は外宮→内宮の順番で、午前中に外宮に行きました。

いつも夕方はガラガラでしたが、今回の午前中は参拝客が20~30mの行列になってました。



e0088513_12145263.jpg
伊勢神宮 内宮
[PR]

by center_otu | 2013-01-05 12:15 | 日常