「ほっ」と。キャンペーン
タグ:スターダスト☆レビュー ( 10 ) タグの人気記事

2008年 02月 02日
スターダスト・レビュー ライブ・ツアー"31" (神奈川県民ホール)
e0088513_195798.jpgスターダスト・レビューのライブに参戦してきた。

前のツアーに久しぶりで参戦して以来、3回目である。

ただ、前の2回はベスト版アルバムのツアーと25周年感謝祭なので両者の内容が嫌がおうにも似たものになったのに対して、今回は新作アルバムを引っさげてのツアーなのでずいぶん趣が違った。

新作アルバムのツアーとなると自分の場合、アルバム「Thank You」以来だからずいぶん久しぶりのことだ。

根本氏のマシンガントークは相変わらず快調。

途中、漫談(?)に熱が入り、曲に戻るときは「歌も歌いますよ~」と場内の爆笑を誘う一幕も。

セットを配し、「星屑医院」を舞台にしたコントも披露。
そういえば、今回ほどのセットはなかったけどThank Youツアーのときもコントみたいなことをやってたなあ。


e0088513_1953162.jpg
「トワイライト・アベニュー」を(アカペラでない)バンドバージョンで久々に生で聞けてよかった。

8曲目から11曲目までは、ツアー会場によって選曲が違うらしい。

11曲目は「選んでピョン」のコーナーで選ばれたお客さんが
  「常夏のジャガタリアン」
  「噂のアーパーストリート」
  「恋はバレーボール」
  「村長さんの娘」
の中からくじ引きして決定。

「と・つ・ぜ・んFall In Love」は曲にのせて(ビリー・ザ・)ブートキャンプ、って色々よく考えるなあ。
「愛の歌」は会場で大合唱だった。

アンコールは、一旦メンバーが舞台袖に引っ込んでからも、自然に会場から沸き起こった「愛の歌」の大合唱と拍手で幕開け。

最後の小田和正との共作「思い出はうたになった」では、根本氏が涙して歌えなくなる場面も。

終盤異様に盛り上がった感動のライブだった。




25年に一度の大感謝祭 6時間ライブ おやつ付き
HOT MENUツアー
[PR]

by center_otu | 2008-02-02 19:11 | 音楽
2007年 06月 03日
スタレビ 大感謝祭 (2)
5月19日の「スターダスト・レビュー 25年に一度の大感謝祭 6時間ライブ おやつ付き」。
せっかくだから、撮った写真を上げておこう。


e0088513_2311271.jpg赤坂泰彦
ライブのオープニングは彼による紹介でメンバーは舞台上に姿を現した。
続けて、「シュガーはお年頃」をリクエスト。



e0088513_23112692.jpg笑福亭鶴瓶
「いのちのこたえ」をリクエスト。
でも、この後演奏が止まるんだよなあ。



e0088513_23115424.jpg金石昭人、陣内貴美子夫妻
二人の結婚式のときに根本要が歌った「ふたり」をリクエスト。


e0088513_23122070.jpg関根勤、小堺一機
チャレンジ・ソング 歌詞を最後まで間違えずに歌えたら100万円で「クレイジーラブ」をリクエスト。
ライブ後半にも現れて「Stay My Blue-君が恋しくて-」をリクエスト。


e0088513_23124148.jpg下柳剛
自分の入場テーマ曲として使用している「RUNNING」をリクエスト


e0088513_2313392.jpg笑福亭笑瓶
この人は大阪との生中継で画面に登場。
ところがこの後、ライブ会場に姿を見せるというイリュージョンを見せてくれる。



e0088513_23131823.jpg森末慎二
ライブ開始前に画面で上映されていた今回のライブ限りのCMでもスタレビと共演。
「夢伝説」をリクエスト。


e0088513_23133860.jpg大泉洋
当初はゲストとしてやってくるという話もあったようだが、スケジュールの関係で実現せず。
スタレビとのコラボ曲「本日のスープ」をリクエスト。


e0088513_23141251.jpg松たか子
昔から本人自身スタレビのファンだったよう。
「追憶」をリクエスト。


e0088513_23143986.jpgイッセー尾形
この人はなんで出てきたのか分からん。
彼の事務所の人のリクエスト「ノーザンライツ」を紹介。


e0088513_23333552.jpg次のアルバムに収録される「愛の歌」のコーラス部分を会場でレコーディング。
この後、観客席をバックに写真撮影も。


e0088513_2334551.jpgラスト。
また、会いましょう。
[PR]

by center_otu | 2007-06-03 23:15 | 音楽
2007年 05月 20日
スタレビ ライブ結構新聞に出ている
さすがに、昨日のスタレビ ライブが結構新聞に出ている。

スターダスト・レビュー“規制緩和”ライブ 撮影&録音OK 収録席も用意

規制緩和が珍しいのか、日経新聞にも掲載されていたようだ。

e0088513_23252942.jpg
これはサンスポから。
[PR]

by center_otu | 2007-05-20 23:27 | 音楽
2007年 05月 20日
スターダスト・レビュー 25年に一度の大感謝祭 6時間ライブ おやつ付き
最初は赤坂泰彦がスクリーンに登場し、スタレビとの出会いを語って、彼らを紹介した。
その赤坂泰彦リクエストの一曲目「シュガーはお年頃 」でライブがスタート。

今回は、それなりにメジャーな曲は、ビデオゲスト(総勢10組)が紹介して、普段ライブであまり演奏されない曲をスタレビ自身が選曲するという構成だった。

このライブの予習ために「艶」「Ladies&Gentlemen」「Goodtimes&Badtimes」を購入したのだが、ヤマもあたってニヤリ。

スタレビのゲストということであまり期待していなかったが、全部で4名がステージに登場、さらに今回はホーンセクションとして4名が参加していた。

6時間という長丁場だったが、内容は全然薄まることなく盛りだくさんで、あっという間だった。

彼らの飽きさせない演出のすごさに改めて敬服する。

自分としては、まだまだ聞きたい、物足りないくらいだった。あと1時間くらいは演って欲しかったなあ。


e0088513_7321094.jpg今回は大感謝祭ということでセットにも金使ってます。

後ろのスクリーンには、CGを駆使したイメージがこれでもかと乱れ飛んだ。


e0088513_7322575.jpg「Find My Way」は、青空と白い雲の実写がバック。

この倍率だと映像が汚いですが、クリックすると多少ましな(笑)画像が見れます。



e0088513_8292443.jpg関根勤と小堺一機によるチャレンジソング(最後まで歌詞を間違えずに歌ったら100万円)出題。
一曲目は「クレイジーラブ」。


e0088513_8221254.jpg歌詞は会場のスクリーンにも大写しとなり、根本氏見事玉砕。

二曲目は「Stay My Blue」で成功。→会場大拍手!

プロの歌手が持ち歌でこれをやるなんて普通ありえないんだけど。。。








セットリスト(間違えてるかもしれない)全46曲
シュガーはお年頃    [赤坂泰彦]
ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス
THANK YOU
Find My Way
星空のアリーナ
The Sunshine-輝く街-
7月7日
いのちのこたえ    [笑福亭鶴瓶]
ふたり       [金石昭人、陣内貴美子夫妻]
永遠への誓い-Eternity-
BABY, とりあえずもっと
君のキャトル・ヴァン・ディス
Syncopation Love
クレイジー・ラブ    [関根勤、小堺一機]チャレンジ・ソング 歌詞を最後まで間違えずに歌えたら100万円
RUNNING    [下柳剛]
会えないよ    [笑福亭笑瓶]
Baby, It's You
月光列車(ムーンライト・ロコモーション)
夢伝説    [森末慎二]

Single Night
君のすべてが悲しい 
蜃気楼
歳月の果てに
本日のスープ    [大泉洋]
追憶    [松たか子]
Stay My Blue-君が恋しくて-    [関根勤、小堺一機]チャレンジ・ソング第二弾 歌詞を最後まで間違えずに歌えたら100万円
9月の海
さよならの足音
木蘭の涙(オダレビ)
ラブストーリーは突然に(オダレビ)
YES-NO(オダレビ)
今夜だけきっと(オダレビ)
思い出が歌になった(オダレビ)
WAKE UP! MY HEART
愛の唄
Northern Lights-輝く君に-    [イッセー尾形]
NO! NO! Lucky Lady
銀座ネオンパラダイス
Goin' Back To 1981

おらが鎮守の村祭り(三谷・光田)
Danger Lady (三谷・光田)
夜間飛行(三谷)
Stars(光田・根本)
Goodtimes & Badtimes (三谷・光田)
と・つ・ぜ・ん Fall In Love (三谷・光田)
めぐり逢えてよかった

[ ]内はビデオ・ゲストのリクエスト

e0088513_7455497.jpgなんと、小田和正がゲスト。

小田和正もカバーした「木蘭の涙」をスタレビとともに熱唱(オダレビ)し、続いて、「ラブストーリーは突然に」、「YES-NO」 を披露した。

どうせ小田の持ち曲だけで終わりだなと思っていたら、「今夜だけきっと」も共演。
さらに、今日のライブのために作った小田和正作詞、作曲オダレビの新曲「思い出が歌になった」をアコースティックギターで根本要とデュエット。



e0088513_802451.jpgさらにゲストとして、かつてバンドメンバーだった三谷と光田が登場。

三谷は「夜間飛行」を光田は「Stars」を披露した。
[PR]

by center_otu | 2007-05-20 07:32 | 音楽
2007年 05月 16日
昨日のMusic Lovers - スターダストレビュー
TV放送では全てが放映されなかった「トワイライト・アヴェニュー」が

Music Lovers アンコール フルバージョン がここで見れる。
[PR]

by center_otu | 2007-05-16 00:06 | 音楽
2007年 04月 27日
スタレビ ライブの予習
25周年大感謝祭に臨んで不安なのはセットリストだ。

何せ25年のうち、10年は完全にスタレビから離れていたからだ。

知らない曲が集中すると盛り上がろうにも盛り上がれない。

HOT MENU ツアーはよかった。
アルバムそのままだったから。

スタレビは20周年記念で「つま恋100曲ライブ」をやっているというのを思い出したので、このセットリストをメインにおさらいしようと思うのだが、結構色んなアルバムから広く演ってるんだよなあ。

この時は10時間で100曲。
過去のカウントダウン・ライブでは6時間で43曲だったらしいから、今回もそのくらいか。


朝の元気なご挨拶・・・ホンの気持ちです
M1 Thank You
M2 もっとそばに来て
M3 屋根にノボって
M4 Baby,It's You
M5 銀座ネオンパラダイス

アコギな夏、お座りになってどうぞ!
M6 One More Time
M7 Be My Lady
M8 Stay My Blue ~君が恋しくて~
M9 Brand-New Wind
M10 たそがれラプソディ

意外に野外にピッタンコ !!
M11 9月の海
M12 7月7日
M13 真昼の月
M14 空がこんなに青いはずがない
M15 想い出にかわるまで

英語でペラペラ、赤ッペラ・青ッペラ
M16 The Longest Time
M17 So Much In Love
M18 Stand By Me
M19 ダニー・ボーイ

ドーナツはいかが?アナログレコード列伝
M20 What A Nite!
M21 ラッキーレイン
M22 ラストシーン
M23 涙のエピローグ
M24 もう一度ハーバーライト
M25 君のために
M26 素敵な Wink Cat
M27 Midnight Rainbow
M28 Danger Lady
M29 月光列車(Moon Light Locomotion)

ランチ・タイム !! 飲んだり、喰ったり、歌ったり…
M30 ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス
M31 ワイン恋物語
M32 GLASS OF THE WHISKY
M33 Tea For Two
M34 ジャスミン

午後TIMEは GO! GO!! TIME!!
M35 少年
M36 KEEP ON ROLLIN'
M37 Whisky A Go-Go
M38 Get Up My Soul

 
Afternoon Time
他力本願?昭和ヒットパレード
M39 天使の誘惑
M40 銀座カンカン娘
M41 東京ブギウギ
M42 ブルー・シャトー
M43 バン・バン・バン
M44 好きさ好きさ好きさ
M45 シーサイド・バウンド
M46 クレイジー・ラブ

第18回ポップコン・これが敗因・・・お馬鹿ソング
M47 大都会
M48 おらが鎮守の村祭り
M49 恋はバレーボール
M50 常夏のジャガタリアン
M51 村長さんの娘
M52 今年の夏こそは
M53 噂のアーパー・ストリート~おらが鎮守の村祭り

ここは静岡・つま恋中年合唱団
M54 大きな古時計
M55 ふるさと
M56 夏の思い出

「昼下がりのバラード」
M57 どうして
M58 もう一度抱きしめて
M59 追憶

し・り・と・り歌合戦
M60 会えないよ
M61 夜更けのリフ ~midnight riff
M62 不思議なチ・カ・ラ
M63 RUNNING
M64 GET CRAZY -PANIC IN THE ATTIC-
M65 10月のパノラマ
M66 My Funky Valentine

俺にも歌わせろ!
M67 言葉じゃいえないLoneliness
M68 My Love,Up Town Girl
M69 さよならの足音
M70 くちづけ
M71 1%の物語

 
Twilight Time DANCE! DANCE!! DANCE!!!
M72 NO! NO! Lucky Lady
M73 流星物語
M74 Goodtimes & Badtimes
M75 Help Me
M76 BABY, とりあえずもっと
M77 と・つ・ぜ・ん Fall In Love

夜に向かって、しっとり ア・カペラ
M78 星に願いを
M79 元気を出して
M80 上を向いて歩こう

隠れっぱなしの名曲集!
M81 涙
M82 横顔
M83 季節を越えて
M84 夕暮れのスケッチ

俺にも歌わせろ! [ ダンス編 ]
M85 WHAT A WONDERFUL NIGHT
M86 星になるまで(イントロのみ)~Moonlight Party
M87 星になるまで
M88 Cassiopeia
M89 僕はピアノが好きなんだ
M90 Goin' Back To 1981

Qちゃん、サングラス投げる !!
M91 What is Love ?
M92 もうチョットだけ何か足りない
M93 ふたり
M94 木蘭の涙
M95 Northern Lights ~輝く君に~

Qちゃん、サングラス投げる !! パート2
M96 Single Night
M97 今夜だけきっと
M98 トワイライト・アヴェニュー
M99 夢伝説
M100 シュガーはお年頃
[PR]

by center_otu | 2007-04-27 17:48 | 音楽
2007年 04月 16日
次回のミュージックフェア21
4月21日のMUSIC FAIR21のゲストは、
 スターダスト・レビュー
 平原綾香
 DEPAPEPE
 中 孝介

やはり、スタレビのライブに行く前なので抑えておかなきゃ。

しかし、他のメンツは微妙だな。


まあ、世間一般にしてみれば、スタレビもか。。。
[PR]

by center_otu | 2007-04-16 23:35 | 音楽
2007年 04月 09日
スタレビ 大感謝祭
e0088513_23103084.jpg題して「スターダスト・レビュー 25年に一度の大感謝祭 6時間ライブ おやつ付き」。

スタレビらしいネーミングだ。

去年の夏に20年ぶり(?)にスタレビのライブに参加して惚れ直してしまった。

このときは、28曲で3時間半だったから、今回は50曲近く演るということか。

公演時間6時間におののき、チケット購入を戸惑っていたが、チケット一般発売開始日の翌日にぴあにアクセスすると既に予定枚数終了!!

にわかに信じがたかったが、[プレリザーブ スターダスト・レビュー★モアチャンス(埼玉)]という記載を見つけた。

追加の席が準備され、それを抽選するらしい。

で、早速申し込んでおいたら、見事今日当選結果が届いた。

よし、気合入れて行くぞ!

スタレビのHPを見るとチケットは即日完売のため、この後さらにステージレイアウトを変えて追加席を発売するとか。

自分のように前回の全国ツアーを見て、火がついた人間が多いのだろうか。
[PR]

by center_otu | 2007-04-09 23:24 | 音楽
2006年 07月 26日
スタレビ 神奈川県民ホール
スターダスト・レビューのHOT MENUツアー神奈川県民ホールに行ってきた。
スタレビのライブはほぼ20年ぶりだ。
今回はバンド・デビュー25周年の記念ベスト・アルバム「HOT MENU」(25曲、2,500円)を引っさげてのツアーである。
そのせいもあって、会場の幕はめでたい紅白仕様。
オープニングは、幕が上がる前にその紅白の隙間からメンバー6人が自らのア・カペラ チャイムとともに登場。MCから始まった。

e0088513_0262470.jpg














この最初のMCで、今回のライブではアルバム「HOT MENU」の全曲をその順番どおりに演奏することを発表。
ボーカルの根本氏いわく「それだったら家でCD聞いてた方がいいじゃないかと思うお客さんもいるかもしれません。でも、ライブとCDとの違いを今回は堪能して欲しい。そもそもライブとCDで何が違うかといえば、まず、歌詞が違う!」
これを聞いて一瞬、思考が停止したが、よくライブで自分は歌詞を間違えるということらしい。
これが最近噂のMCかと感心しつつ、遠い昔の前回のライブではこの人こんな早口だったっけ?と彼のマシンガントークに驚いていた。
そして、今回のライブはNHK-BSで8月に放映されることが決まっており、会場にいるNHKスタッフにも拍手!
根本氏の「それでは始まります。最初の曲は、そう、あれだね。」の一言でライブがスタート。

今回はアルバムを順番どおりにやるということはネット等で前もって知っていたが、Red(Disk2)からスタートすることは知らず、ちょっとだけ驚き。

ところどころ、コミックバンド的な演出を入れて盛り上げるところは20年前と変わっておらず、うれしくなった。
ただ、ステージのセット、ライティングは昔とは大きく変わったように感じた。
昔のライティングは、当時の他のアーティストと比べても正直しょぼかったが、今回はこれでもかとライティング効果を多用している。

90年代にメンバーの入れ替わりがあったせいか、根本氏以外の旧メンバーに対してスポットがあたるコーナーが増えていた気がする。
柿沼氏なんかは昔はもっと本当に地味だった!?VOH林さんは全然変わってなかったけど。

e0088513_0263645.jpg















アルバムのRed(Disc2)にあたる曲が終わったところで、ライブも10分休憩。
ところが、根本氏は舞台袖に引っ込むことなく、ステージ上でひたすらしゃべり続ける。他のメンバーは椅子を出してきてステージ上でお茶。

そうこうしている内にBS放送用の番組宣伝フィルムの撮影が始まる。
根本氏は「集まってもらった2万人のお客さん・・・」などと何度もカメラに向かって叫んでいたが、この会場は2,500人しか入らないはず、と心の中でつっこんでいた。

会場の観客を含めてtake3.5を収録。(take2は根本氏がかんだので取り直し。)
最後のtake3は観客の拍手で終わる先のものとは違って「うぉおおお」と叫びつつ立ち上がるバージョン。
どれが放映されるのか楽しみ。

e0088513_0265058.jpg














アンコールは「Stay My Blue」。
前の会場のお客さんのアンケートで次の会場のアンコール曲を決めるというリレー・アンコールは「Northern Lights」。
TV向けなのか、どちらもTVコマーシャルに使用された比較的メジャーな曲だった。
でも、自分が生で聞くのはどちらも初めて。自分がスタレビから離れていた時期の知らない曲じゃなくてよかった。
オーラスは、「おらが鎮守の村祭」。ここまでで3時間50分。

いや~いいライブだった。行けて良かった。楽しかった。
[PR]

by center_otu | 2006-07-26 00:27 | 音楽
2006年 06月 04日
スタレビのライブ・チケットをゲット
2、3週間前に購入しようとしてぴあで検索したら、もう買えない状態になっていたが、今日再度覗いてみたらチケットが余っている!

速攻で購入。
けしてすごくいい席とはいえないけれど、すごくうれしい。

今回のツアーは3月から始まっており、あちこちのブログでこれまでのスタレビのライブの中でで最高の出来!と非常に評判がいいので今から楽しみだ。

彼らのライブは高校のとき以来だからずいぶん久しぶり。
[PR]

by center_otu | 2006-06-04 22:13 | 音楽