2007年 03月 02日
カンバセーションズ ★★★☆☆
e0088513_21395622.jpg結婚パーティの片隅で会話を始める30代後半の男女。

その会話から二人の関係が次第に明らかになっていく。

その過程も楽しめるが、明らかになった後の二人のやり取りがさらに絶妙だ。

絶えず心をゆれ動かしながら、互いの脳裏には冷静なもう一人が常に存在する。

あるときには、一方で利己的な欲望を前面に出しながら、もう一方では相手を深く慮る。

またあるときには、自分の理想を語り、その一方で現実を語る。

若い男女ではありえない駆け引きが余計な説明なく展開する。


デュアル・スクリーンという画面を左右2つに分けた映画。

アメリカ映画ながらアメリカ映画っぽくない、パリでヒットしたことにも納得がいく、ある意味大人の恋愛映画。
[PR]

by center_otu | 2007-03-02 21:52 | 映画


<< インフルエンザにかかった!      香水 - ある人殺しの物語 ... >>