2007年 04月 10日
デジャヴ ★★*☆☆
e0088513_6225961.jpg兄弟のリドリー・スコットの作品が映像美あふれ、重厚感あるイメージなのに対して、トニー・スコットの作品は今ひとつチャラいイメージしかなかった。

で、この映画も従来のトニー・スコット作品の作風の系列上にある印象だ。

そもそも題名の「デジャヴ」(既視感)と映画の内容が合っていない気がする。

これってタイムトラベラーものじゃないか。

この手の映画も作りつくされた感があるので、なかなか斬新なものは難しいのは分かる。

その点踏まえると大分頑張っているのだが、テーマ自体ありきたりなので限界があったように思う。


ヴァル・キルマーは体制に歯向かうようなやんちゃな役が多かったが、今回はFBI捜査官。
なかなかハマっていた。
[PR]

by center_otu | 2007-04-10 06:50 | 映画


<< マインド・ゲーム [DVD] ...      スタレビ 大感謝祭 >>