2007年 04月 15日
ブラッド・ダイヤモンド ★★★★*
e0088513_857868.jpg昨年はハリウッドではアフリカものが流行だったみたいだ。

で、この作品もアフリカのダイヤモンドを取り巻く紛争を事実に基づき(?)描いている。

ディカプリオはまたアイドルっぽい大げさで浮ついた演技を披露するのかと思っていたが、今回はなかなか映画の雰囲気に上手くはまり込んでいる。

昨年のアカデミー賞主演男優賞ノミネートも『ディパーテッド』ではなく、この作品の演技に対してというのも何となく頷ける。

アフリカといえば、米欧人のあくなき欲望と支配的介入、現地人の政治腐敗と反政府組織による不条理な残虐行為、貧困と犯罪がよく描かれるテーマだ。

本作もこれを踏襲しているが、映像の圧倒的な迫力と展開の上手さで物語りに引きずり込まれる。

言葉で表現すると陳腐になってしまうが、映画の訴える愛の大切さが心を打つ。

久しぶりに圧倒された映画だった。
[PR]

by center_otu | 2007-04-15 09:28 | 映画


<< 煙か土か食い物 ★★★*☆      マインド・ゲーム [DVD] ... >>