2007年 07月 14日
ダイハード4.0 ★★*☆☆
e0088513_237794.jpg簡単な仕事だと押し付けられて大事件に巻き込まれるジョン・マクラーレン、大儀を掲げながら実は金目当てのテロリスト、ジョンを無線でサポートする頼もしい仲間。

みんなこれまでのシリーズ作品に出てきた設定と同じで、当然ストーリーとしては似たものになってしまう。

焼き直し感が強く、それぞれのキャラクター描写も以前よりも軽くなってしまっているのが残念。

とはいいながら、最近少なくなったノンストップ・アクション映画ということでそれなりに楽しめる。

最後のクライマックスは、CG技術にモノを言わせてちょっとやりすぎな気もするが。

戦闘機を使ったアクションは「トゥルー・ライズ」の出来が見事すぎて、こういうことをやると全て「トゥルー・ライズ」の二番煎じと思われてしまうのがツライところ。

一時期くたびれた役どころが多くて、ブルース・ウィリスも老けてしまったなどと思っていたが、この作品ではパワー爆発、頑張っている。
[PR]

by center_otu | 2007-07-14 23:28 | 映画


<< 歴史を精神分析する ★★★*☆      ゾディアック ★★*☆☆ >>