2007年 10月 09日
パンズ・ラビリンス ★★★☆☆
e0088513_0125795.jpgスペイン/メキシコ映画ということで、ハリウッドのファンタジー映画とは全く違う仕上がりになっている。

予告編ではあくまでもファンタジー的な面を前面に出しているが、この映画はどちらかと言うと「アンネの日記」や「火垂るの墓」に近い戦禍ものである。

残酷な殺戮や拷問のシーンの生々しい描写も何度となく繰り広げられるので、いわゆるファンタンジーを期待している人には勧められない。

また、ダーク・ファンタジーと呼ぶにはあまりにも哀しい映画である。

内戦という厳しい現実のもと、あまりにも無邪気な少女の哀しみが心に刺さる。

第79回アカデミー賞で6部門にノミネート、美術賞、撮影賞、メイクアップ賞の3部門を受賞した作品。
[PR]

by center_otu | 2007-10-09 00:37 | 映画


<< 世界平和願う光の塔      光の「新東京タワー」 >>