2008年 03月 30日
バンテージ・ポイント ★★*☆☆
e0088513_18291592.jpg8人の目撃者によるそれぞれの視点から大統領暗殺を捉える。

最初の何名かによる同じ場面の異なる描写はかったるいが、らせんを描くように次第に物語りは展開を始め、いつの間にか映画に引き込まれていく。

でも、途中で犯人が明らかになり、その上でありがちなパターンのラストを見せられても引いてしまうだけだ。

あくまでもほんの数分の出来事を描いているだけに登場人物の背景も紹介はされているものの奥行きは感じられない。

テロリストたちは大統領を生かしたまま誘拐してどうするつもりだったの?

ホントとにかく後半からの疾走感だけを楽しむ映画ですな。
[PR]

by center_otu | 2008-03-30 21:00 | 映画


<< 足の裏      汐留稲荷神社 >>